議員でさえわかっているようでわかっていないこと

意外に議員でさえもわかっていない選挙違反事例として、寄附の禁止があります。
財団法人明るい選挙推進協会がわかりやすくまとめたチラシを配っているので掲載します。

20080209.jpg

選挙区内での
1、お歳暮・お年賀・お中元
2、入学祝・卒業祝・就職祝
3、病気見舞い
4、秘書等が代理で出席する場合の結婚式のご祝儀
5、秘書等が代理で出席する場合の葬式の香典
6、葬式の花輪・供花
7、落成式・開店祝いの花輪
8、町内会の集会や旅行などの催物への寸志や飲食物の差入
9、お祭りへの寄附や差入
10、地域の運動会やスポーツ大会への飲食物の差入
は全て禁止されております。
上記の件が理由で失職している方もいます。
議員の方々ご注意を!

関連記事

寄附金の控除が受けられる場合があります。

政治家の肩書きによっては、個人献金をした場合に控除が受けられる場合があります。

1、控除が受けられる政治家
・国会議員
・県知事
・県議会議員

2、控除が受けられない政治家
・市町村長
・市町村議会議員

どうしてこういう差別がなされているのかよくわかりません。
政党助成金もあることですし、企業献金を止めて個人献金を奨励する意味でも、控除は全ての政治家の政治団体で可能にするべきではないかと思います。

続きを読む "寄附金の控除が受けられる場合があります。"

関連記事