« ウグイスマニュアル | Main | 街頭演説 »

ウグイス心得3

①どんなに遠く離れていても、目が合えば心が通じる
必ず、相手の顔・目を見て手を振ること。どこでも振っていれば良いものではない。

②常に周囲に目配り、気配りを
手を振ってくれる人、クラクションを鳴らしてくれる人、家の窓やオフィスの窓から手を振ってくれる人など、四方八方、上下左右に目配りして声援に応えること。

③状況に応じたフレーズを
選車のスピードがゆっくりの時、多少長いフレーズが入っても良い。但し、幹線道路通行中や、スピードがそれなりにある時は、名前の連呼だけでも良い。(誰の選車かわからなければ意味がない)

④街頭演説中の司会は計画通りにはいかないもの、臨機応変な対応を。
選挙中は応援弁士の到着が交通渋滞で遅れたり、常に不測の事態が起きるものです。
臨機応変にその場にいる人から応援弁士のマイクを握ってもらうこと。
また、応援弁士の名前、紹介等、時間(タイムキーピング)を上手に。
応援弁士は肩書・氏名(フルネーム)だけは絶対に間違えないように。

⑤選挙違反には充分注意を。
「何をやって良いのか、悪いのか」徹底した事前ブリーフィングを行うこと。

⑥候補者の資料・広報物に目を通し、事前に学習を。
選挙に関わる者が、候補者のことを知らないのでは話になりません。
選挙運動はまず足元から。

続きを読む "ウグイス心得3"


関連記事

ウグイスの心得2

「ウグイスさんのためのエチケットマニュアル」

 はじめに…

 これから、皆さんにお手伝いをいただく仕事は複雑なことではありません。
 しかしながら、決して易しいものではありません。

 お手伝いをいただく、皆さんお一人お一人の行動が、選挙結果を大きく左右することになるものだからです。
 そのために、このサイトとご縁のあった候補者(予定者)の幾分なりのサポートができればと思い「ウグイスさんのためのエチケットマニュアル」を作成させて頂きました。

 ここに、書いてあるものは、もしかすると皆さんは既にご存知のことかもしれません。

 身だしなみ、マナー、言葉遣い、接遇態度…どれも日常的に皆さんが気をつけている程度のものだと思います。しかし、期間中に基本的なことを忘れずに継続できるかどうかは極めて重要です。わかっているというのとそれを実践できることとは違うのです。 

 読み進めて行く内に「何でそんなところまで、やらなくちゃならないの…」と、思う方がいらっしゃるかもしれません。
 皆さんはこれからの期間中、『華』になる方々なのです。華は、他の誰よりも見られる存在なのです。「華」が素晴らしい存在であればあるほど、候補者は、より引き立つ
存在になれるのです。
 みなさんに選挙期間中はこれまで以上にすてきな華になっていただきたいのです。

 決して難しいことをお願いするつもりはありません。
 お願いするのは、
「候補者になりきる」
「華であり続ける」 
 という二点だけです。
 そのことを、念頭において、これからの期間はハードになりますが、がんばっていきましょう。

★良い印象を与える

 人間の第一印象は、はじめて会ってから5秒から10秒で決まるといわれています。
 一度、イメージされた印象を後から変える、ということはなかなか難しいことです。
初めに良い印象を与える、ということは今後の人間関係・仕事がスムーズにいく、何よりの財産となるのです。

 ~好かれる接遇のポイント~

 ➀ 明朗感 (明るく、朗らかであること)
 ➁ 健康感 (元気よく、はつらつとしていること)
 ➂ 清潔感 (すがすがしく、さわやかであること)
 ④ 信頼感 (正直で誠実な感じをあたえること)

以上の様な印象を与えるために、以下のことを実践してください。

続きを読む "ウグイスの心得2"


関連記事
「心得」のエントリー一覧:
 1  |  2 

"心得"内のその他のエントリー(新着10件)