« 収支報告書関係の変更点(2つ) | Main | 議員でさえわかっているようでわかっていないこと »

寄附金の控除が受けられる場合があります。

政治家の肩書きによっては、個人献金をした場合に控除が受けられる場合があります。

1、控除が受けられる政治家
・国会議員
・県知事
・県議会議員

2、控除が受けられない政治家
・市町村長
・市町村議会議員

どうしてこういう差別がなされているのかよくわかりません。
政党助成金もあることですし、企業献金を止めて個人献金を奨励する意味でも、控除は全ての政治家の政治団体で可能にするべきではないかと思います。


控除の手続きのサンプルは以下のとおり。

1、選挙管理委員会(選管)に提出している収支報告書と合わせて、この寄附金控除のための書類を提出する。
2、選管が、収支報告書と寄附金控除のための書類の記載内容とが一致しているかどうか確認し押印する。
3、押印された書類を、寄附者に渡す。
4、寄附者は、自分の確定申告の控除欄に控除される金額を記載し、その書類を添付して税務署に申告すれば、相応の控除を受けることができる。

注意:確定申告は3月15日までなので、この収支報告書の提出は、遅くても2月中旬までに済ませて置くように心がけるべし。

20080228.gif

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.polidas.net/mt/mt-tb.cgi/246

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)