« 後援会などの政治団体事務所を無償提供されている場合の注意事項 | Main | 収支報告書関係の変更点(2つ) »

国会議員の政治団体の収支報告は新たな義務が生じます

国会議員が代表者である政治団体は、平成21年分から収支報告書を提出するにあたり新たな義務が生じます。以下要約を記します。

1、収支報告の適正の確保
・登録政治資金監査人による収支報告書、会計帳簿、領収書などのチェックが義務となる。
・登録政治資金監査人は、総務省の設置する政治資金適正化委員会の登録政治資金監査人名簿に登録した弁護士、公認会計士、税理士や必要な研修を受けた人がなどが就任する。

2、収支報告の透明性の向上
・収支報告書への明細の記載。1件1万円を超える支出は全部公開。
・少額領収書の写しの開示制度:誰でも収支報告書が公表されてから3年間は1万円以下の領収書の写しの開示を請求できる。

3、収支報告書の提出時期
5月末までに提出となった(通常の政治団体は、前年の収支報告書を3月末までに提出することになっている)。


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.polidas.net/mt/mt-tb.cgi/244

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)